心臓病|北摂・茨木の内科 【石賀医院 改め いしが城谷クリニック】 内科、呼吸器内科、循環器内科、アレルギー科、統合医療、漢方

お問い合わせはこちらまで TEL:072-622-3003 受付時間9時~12時、17時~19時お問い合わせはこちらまで TEL:072-622-3003 受付時間9時~12時、17時~19時

診療内容

心臓病

内科

狭心症とは

心筋に血液を送る冠動脈の内側が部分的に細くなると、心筋への血流が悪くなるために一時的な胸の痛みを感じるようになります。このような状態が起こることを狭心症といい、それに伴う胸の痛みを狭心症発作といいます。

狭心症の症状

狭心症発作が起きるとほとんどの場合で、胸の中央からみぞおちにかけての広い範囲で胸痛が起こります。痛みは指で示せるような狭い範囲ではなく胸全体に現れ、「息が詰まるような」「しめつけられるような」「圧迫されるような」痛みを感じます。痛みは体の表面にチクチクやズキンズキンと痛みを感じるものではなく、体の深いところから現れるような感じがします。発作の程度には個人差があり、我慢できる痛みからできない痛みまでさまざまです。

狭心症の予防

運動には心肺機能を高めたり、血圧を下げたり、血中コレステロールを減少させたりする効果があり、高血圧や肥満、高脂血症の予防や改善に役立ちます。ただし、健康増進につながる運動の仕方は年齢や体力、身体の状態によってさまざまで、中高年や心臓が悪い人が急に激しい運動をすると心臓に負担をかけてしまうことがあります。健康増進につながる運動とは、心臓に負担がかからない運動が前提です。また、心臓病を患ったことがある方や、健康診断などで一度でも心臓が悪いといわれた事がある人は、医師に相談して安全を確かめた上で運動を始めるようにして下さい。

不整脈

不整脈とは

不整脈は、心臓の心拍数や刻むリズムが一定ではない状態のことを言います。また、心拍や脈拍が正常でも心電図異常がある場合、臨床的には不整脈といわれます。もちろん心臓病の1つにあげられます。

不整脈の検査

不整脈の検査は、実際に不整脈であるかどうかを判断する重要な手がかりとなるものです。ただし、常時あるいは頻繁に不整脈が出る人以外は、病院での検査時に不整脈が出るとは限りません。検査時間は1分間くらいで短いために、この時に不整脈が出ないことのほうが多いのです。 そのため病院での検査以外に日常生活でできる検査があります。

ホルタ―心電図

ホルター心電図は、小型軽量の装置を身につけて、日常生活中の長時間の心電図を記録して、これを解析して観察する検査です。不整脈と冠動脈が痙攣する冠攣縮性狭心症は、労作と無関係に夜や早朝に多く見られます。このため、短時間の心電図検査や負荷心電図検査では診断がつかないため、実生活の中で心電図を記録し続けるこの検査が欠かせません。 現在、ホルター心電図法は、次の目的に広く使用されています。

  1. 不整脈の診断、治療効果判定
  2. 狭心症の診断、無痛性心筋虚血発作の診断
  3. 自律神経機能の評価

ホルター心電図で何がわかるのか?

日常生活で不整脈や心筋虚血が起きるかどうか、あるいは症状が心臓に起因するのかどうかがわかります。また、最高、最低心拍数や不整脈の種類、数、発生時間や心拍数との関係などから、不整脈の診断やペースメーカーの機能評価、薬物治療効果を判定することができます。

心不全

心不全とは

心不全は死亡診断書などでも良く使われる言葉で、心臓の病気の名前と思われがちですが、病状や病態を現すものです。簡単に言うと心臓がポンプの役割を果たせなくなった状態のことを言いい、厳密に言うと病名ではありません。狭心症、動脈硬化、不整脈など、心不全を起こす要因になるものは数多くあります。心不全と診断されたからといって、必ずしも直接『死』につながるものではありません。

心不全の原因

原因としては、狭心症や心筋梗塞、心筋炎といった心筋に関係する疾患や心臓弁膜症などのために心臓のポンプの力が弱まって起こります。そのほか、腎不全やストレス、風邪による発熱なども原因になります。また、高血圧や動脈硬化は慢性的心不全の原因です。自覚症状としては、息切れ・むくみ・尿量の減少・唇などが紫色になるチアノーゼなどがみられます。

心不全の治療

心不全の薬物療法では、心機能を高める強心剤の投与と、心臓の負担を取るための薬剤(利尿剤や血管拡張剤)投与がおこなわれます。また、食事療法としては心臓に負担をかけない高血圧予防の減塩食を摂るようになります。

心エコー

心エコー(心臓超音波)とは、超音波を用いて体内にある心臓の状態を体の外から把握することができる検査です。心臓は一日に約10万回の収縮、拡張を繰り返しており、この動き続ける心臓を、動いたままの状態でリアルタイムに観察できます。心エコーで、心臓の壁の動きや、壁の厚さを調べたり、心臓にある弁の動き、各弁で血液が逆流していないか、心室や心房の大きさを測ります。また、心臓の周りに水が溜まっていないかも分かります。心エコーの種類は、Aモード、Bモード、ドップラーエコー、Mモードなどがあります。

このページの先頭へ